「Google for Jobs」が米国で公開、日本での実装は?

2017年6月、Googleが米国で”Google for Jobs”をローンチしました。 Google for Jobsとは、Googleが各サイトを自動で巡回し、取得した求人情報をGoogleの検索上で求人を探している検索ユーザーに表示させるものです。 Google for Jobsは現在米国内だけが対象になっていますが、全世界的な展開も示唆されています。 この記事ではGoogle for Jobsの概要とその動向についてまとめました。 Google for Jobs […]

続きを読む

  • LINEで送る

構造化データとは?~HTMLを構造化する前に知っておきたいこと~

構造化データとは、HTMLで書かれた情報が何を意味するのかを、検索エンジンやその他のクローラーに理解できるようタグ付けしたものです。 人間ならばWebページを見れば、その文字列が会社の名前であるとか、お問い合わせ電話番号であるとかがわかりますが、ロボットには理解することは困難です。 そこで、あらかじめ決められたフォーマットをもとに、そのような文字データ(data)をロボットにも理解できるよう構造化して(structured)記述したものが構造化データ(structured data)です。 ここ […]

続きを読む

  • LINEで送る

リッチスニペットとは

リッチスニペットとは、ユーザーが検索結果画面からどのページをクリックするか、その判断を助けるための視覚的にページ内容が想像できるような情報のことです。 通常、検索結果の下部に表示されるのは、スニペットと呼ばれる、要約(description)やページ内の文言を抜粋したもので、基本的には文字情報だけで構成されています。 一方リッチスニペットは、スニペットに加えて、ページの主題となるものに対して画像・価格・評価などを併せて表示します。スニペット(snippet)の表現が豊か(rich)になるためri […]

続きを読む

  • LINEで送る

パンくずリストをschema.orgでリッチスニペットにしてみました

Googleがschema.orgによるパンくずリストの構造化のサポートを始めました。 Googleの開発者向けサイトも2015年6月25日付けで更新され、マークアップ例が公開されています。 これにより、schema.orgでもパンくずリストのリッチスニペット表示が可能になったはずです。 Breadcrumbs | Structured Data | Google Developers schema.orgのパンくずリストをようやくGoogleがサポート開始 – 海外SEO情報ブログ […]

続きを読む

  • LINEで送る

初心者向け! 構造化データの解説~セマンティックウェブの理念から実装まで~

Googleがリッチスニペットによる検索結果の修飾を始めたのは、2009年5月のことです。 本記事では、およそ七年にわたりリッチスニペットの表示に役立てられている構造化データについて、どのような背景を持つ概念なのか、どのように記述すればいいのかを説明致します。 この記事の目次 構造化データとは セマンティックウェブの説明 構造化データの記述 ボキャブラリーとシンタックス 実際の書き方 MicroDataによる記述 JSON-LDによる記述 まとめ 構造化データとは 構造化データはなにもリッチスニ […]

続きを読む

  • LINEで送る
セミナー
セミナー

更新をチェック

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

特集