モバイルファーストインデックスとは?必要な対策まとめ

  • LINEで送る

Googleウェブマスターブログから、モバイルファーストインデックスについての取り組みを紹介するブログが公開されました。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスに向けて

モバイルファーストインデックスとは何か、どんな対応が必要なのかについてまとめました。

モバイルファーストインデックスとは

まずインデックスとは何かについてですが、GoogleはWEBサイトやページを巡回(クロール)することで、ページの情報をインデックスとしてデータベースに格納しています。
検索結果に表示される情報や検索順位のランク付けはインデックスされた情報がもとになっています。

サイトによってPCとスマホでページ情報が異なる場合もありますが、従来のインデックスはPCページをもとにしていました。
そのため検索順位のランク付けもモバイルから検索された場合であってもはPCページのインデックスをもとにランク付けが行われていました。

しかし、近年ではモバイルからの検索が増加しており、Googleもモバイルユーザーの検索体験を第一に考えるモバイルファーストの考えを打ち出していました。
この考えをもとにすると、PCファーストのインデキシングや検索順位付けとは相反してしまう状況が続いていました。

これを受けて、冒頭で紹介したブログでは、モバイルファーストのインデックスに向けたGoogleの展望が紹介されています。
まずはモバイルページのインデックス作成から始めて、検索ランク付けにおける比重を移していくものと予想されます。

モバイルファーストインデックスに向けての対応

Googleがモバイルファーストインデックスに向けた取り組みを進めていく中で、WEBサイトの運営者としてはどのような対応を取ればよいのでしょうか。

スマホ対応の促進

モバイルユーザーが増え続けている中では、スマホでの閲覧に適したWEBページにしておくのは重要なことです。
モバイルユーザーの獲得を重要と考えるのであれば、WEBページのモバイル対応を引き続き努めていくことをおすすめします。

とはいえ、モバイルファーストインデックスが展開されたとしても、スマホ対応していないページが検索結果から消えるとは考えられません。
モバイルユーザーは将来にわたっても重要でないと考えるWEBサイトであれば特別な対応は不要でしょう。

なお、PC/モバイル双方の閲覧に適したページを用意しているWEBサイトでも、リダイレクトやカノニカルなどで紐づけできていないためにGoogleがそれらのページを適切に認識できていないケースも散見されます。
今回を機に改めてモバイル対応の状況について見直しておくのもいいでしょう。

スマホページのコンテンツについて

スマホ対応にあたって、モバイルページのコンテンツをPCページに比べて大きく削っているような場合では、モバイルファーストインデックスが展開された場合にはランキングが下落してしまう恐れがあります。
その場合はモバイルページであっても同等レベルのコンテンツが提供できるよう改善を進めておくことがおすすめです。

ただし、モバイルユーザーにとってナビゲーションリンクや関連リンクなどはPCページと比べて設置されているかどうかや隠れていないかどうかなどが、ユーザビリティの観点からあまり重要視されないと考えられますので、こうした点までPCページと同等化する必要まではないと考えられます。

スマホページの構造化データについて

リッチスニペットなどを表示させるために構造化データを記述している場合で、現在スマホページには記述していない(PCページにしか記述していない)場合には、モバイルファーストインデックスが展開された場合には、モバイル検索結果にはリッチスニペットが表示されなくなってしまうおそれがあります。
現在スマホページに記述がなければ対応を進めていきましょう。

※構造化データ・リッチスニペットとは?
リッチスニペットとは
構造化データとは?~HTMLを構造化する前に知っておきたいこと~

管理しているサイトで構造化データを使っているかどうかは、Search Consoleの「検索での見え方」→「構造化データ」から確認できます。

スマホページがクロールできるようになっているか確認しておく

もしスマホページを作成している場合でも、Googleのクローラーが巡回できないように設定している(robot.txtなど)場合には、そうした設定を解除しておきましょう。
また、モバイル版ページがSearch Console登録から外れている場合は登録しておくことをお勧めいたします。

まとめ

ざっくりとした印象ですが、特に慌てるような変更はなさそうだなというのが現在の印象です。
とはいえ、増え続けるモバイルユーザーに対して、よりモバイルユーザーの立場に立ったWEBサイト制作・運営が求められているのではないでしょうか。





■特集:SEOとは~検索エンジンとSEO対策の変遷からGoogleの検索シェア獲得までの道程

  • LINEで送る

関連記事

更新をチェック

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

特集