イベントレポート:PUBCONラスベガス2016に参加してきました!2016/10/11~13

  • LINEで送る

米国で毎年開催されるSEO・SEMに特化した米国最大級のイベントの一つ、『PUBCON』というカンファレンスはご存知でしょうか?
サクラサクLABOの運営母体であるサクラサクグループのスタッフは、このPUBCONに2011年より毎年参加しております。

そして今年も2016年10月11日~13日に開催されたPUBCONラスベガス2016に5回目となる参加をしてきました。

今回のエントリーではその様子をレポートします。

PUBCONラスベガス公式サイト
http://www.pubcon.com/las-vegas-2016



PUBCON

PUBCONとは?

2000年以来、毎年開催され、今年で16回目となるSEO、SEM、ソーシャルメディアを中心とした米国最大級のWEBマーケティングのカンファレンス。

Google、MSNをはじめ、世界の最先端のWEBマーケター達が登壇し、各専門ジャンルに関する考察や最新情報などのセッションを行います。

毎年130か国以上のマーケティング担当やSEOベンダーなどが最新の情報を求めて、集まる米国内問わず、世界的にも有数のイベントとなっています。


pb_1

特に、その細分化されたテーマが、特徴的で、例えば、SEOというテーマ一つとってみても、

・ソーシャルを活用したリンクビルディング
・ペンギンアップデートからのリカバリー方法と事例

など通常のカンファレンスよりも、一歩踏み込んだ内容が聞けることが人気の一因となっています。


pb_2



会場の様子

毎年、10月初旬に米国ネバタ州ラスベガスのラスベガスコンベンションセンター(日本でいえば、東京ビックサイトや幕張メッセのような会場)で三日間にわたり開催されます。

参加費用は、日本円で約8万円前後と決して安い費用ではありませんが、米国のカンファレンスイベントでは、このくらいの費用が相場かもしれません。


PUBCONは、大きく下記の3つの内容に分かれています。

1.著名人によるKeynote(基調講演) かつては、Googleのスパム対策チームのリーダーであったMatt Cutts氏、現在ではGary Illyes氏などGoogle社員から直接、最新のアルゴリズムやGoogleの未来について知ることができる人気のスピーチになっています。

開催されるメイン会場では、座席数の多さにも関わらずほぼ満席になることもしばしばです。


pb_3

2.テーマ別セッション PUBCONのメインコンテンツとなるテーマ別セッション。

各テーマは、SEO、PPC、インハウSEO、ローカル検索、CVR改善、ソーシャルメディア、モバイル最適化、コンテンツマーケティング、など10のテーマからなり、それぞれのテーマに関して、1日4セッション、三日間合計で100以上ものセッションが行われます。


pb_4

3.WEBマーケティング企業における展示会 日本のWEBマーケティングのEXPO等と同様、スポンサーや出展企業が自社ツール、サービスの展示会を3日間、特設会場にて開催しています。

日本以上に、米国ではツールビジネスが盛んで、リンク分析ツールやアクセス解析ツールなどをユニークなノベリティとともに積極的に紹介しています。

pb_5



PUBCONラスベガス2016‐イベントのフォトライブラリ

ここからは、今回のPUBCONラスベガス2016の雰囲気が少しでもお伝えできばと現場の写真とともに紹介していきたいと思います。



PUBCONスタート


pb_6

まずは受付を済ませ、どのセッションに参加するか会場で朝食を食べながら日本人チームで協議。
魅力的なセッションが10件も同時進行する為、参加できるセッションには限界があり、どのセッションに参加するかが非常に重要です。



各セッション


pb_7

SEO、PPC、ソーシャルメディアなど1テーマ1会場になっており、それ故に、各セッションが踏み込んだ内容が多いこともPUBCONの魅力の一ついえます。

例えば、リンクビルディングのサロンでは、米国ならではの最新のリンク獲得手法やペナルティ解除事例など具体的な施策内容が紹介されました。



著名人によるセッション


pb_8 pb_9

PUBCONをはじめ、海外のカンファレンスでは御馴染みのJimboykin氏、GregBoser氏やBillHunt氏など著名人のセッションでは、会場内はほぼ満席になるほど人気を博しています。



ペンギンアップデート4.0


pb_10

2016年9月中旬にペンギンアップデート4.0が発表されたことにより、やはりペンギン関連の話題がセッションの中心となっていました。

リカバリー事例、ペンギン4.0の最新情報、また影響度などに言及するセッションも多数ありました。

ちなみにJimboykin氏のアンケート資料では、ペンギンアップデートの影響を受けなかったという回答が47%、プラスの影響を受けたという回答が25%、逆にマイナスの影響を受けたという回答が26%であったとのこと。

いずれにしても米国でも大きなイベントであったことは間違いないようです。



GoogleのGary Illyes氏によるKeynote


pb_11 pb_12

今回の最大の目玉は、GoogleのGary Illyes氏によるKeynote×2回。この基調講演では、かつてはペンギンアップデートやパンダアップデートのリリース情報やSearch Consoleの新機能発表など、大ニュースが発表されることあるのですが、今年は、『Mobile First Indexing』という大発表があり、会場がどよめきました。

またペンギンアップデート4.0、評価ガイドライン、AMP、Rankbrainなど最新動向を語ってくれました。

またセッション後、直接の質問や写真撮影にも快く応えてくれました。



Site Reviews&PubCon Labs


pb_13

Site Reviewsという各社のマーケティング施策成功事例の共有をメインとするカンファレンスや各ジャンルのエキスパートに個別相談ができるPubConLabsというコーナーも用意されています。



展示会①~米国ツールベンダー


pb_14 pb_15

WEBマーケティングツール大国の米国とあって、SEO、SEM周りのツールベンダーが台頭しており、日本でも御馴染みのMajesticSEOSEOclarityなど有名ツールベンダーをはじめ、各社新機能を武器に営業活動をしていました。

日本でも各社ツールのリリースが盛んである昨今(弊社サクラサクLABOもその一つですが)、米国の各社ツールの情報は、非常に参考になりました。



展示会②~ユニークなイベント


pb_16

展示会ではさすがエンターテインメントの国、米国とあって、各社参加型の面白い手法で、集客を促しています。

ラスベガスということで、堂々とビールを飲みながらブラックジャックを楽しむ姿も・・・w



おまけ①~Matt Cutts氏


pb_17

今でもリスペクトされているMatt Cutts氏は各種セッションのスライドで今でも頻繁に現れますw



おまけ②~弊社スタッフによるセッション


pb_18

恒例の弊社スタッフによるセッションもw(お昼休憩中ですw)

まとめ

今回のエントリーではPUBCONラスベガス2016の様子を写真とともにレポートしました。

WEBマーケティングの最先進国の本場で、GoogleやSEOのスペシャリストの生の声、生の情報に触れることは、非常に貴重な経験になりました。

PUBCON以外にもSMXMOZCONなど海外のカンファレンスも多数ありますので、興味のある方は、是非、参加してみてはいかがでしょうか?(時差ボケ対策は万全にw)


■特集:SEOとは~検索エンジンとSEO対策の変遷からGoogleの検索シェア獲得までの道程

  • LINEで送る

セミナー
セミナー
セミナー
セミナー
セミナー
セミナー

更新をチェック

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

特集