SEOに強いコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験

  • LINEで送る

SEOに強いコンテンツとは

検索エンジンで上位表示をさせるためには、サイトパワーとユーザーが求めるコンテンツが必要です。

ユーザーが求めるコンテンツとは、情報や課題の解決方法であり、それを満たすコンテンツを多く提供しているサイトがGoogleに評価されるサイトとも言えます。

そして、SEOに強いコンテンツとは「回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験」を満たしていると弊社では考えています。
以下で4つの軸をそれぞれ説明していきます。

回答性

回答性とはユーザーが知りたいと思っている質問へきちんと答えているかということです。

検索とはユーザーによる質問であり、ユーザーは検索を通じて質問の答えを探しています。
そのため、検索キーワードの中に隠れているユーザーの質問に対してしっかりと答えることが重要です。

%e5%9b%9e%e7%ad%94%e6%80%a7%ef%bc%92

例えば、「洗濯機 サイズ 一人暮らし」だとユーザーは一人暮らしに適切な洗濯機のサイズを知りたいのだと考えられます。

回答性を含んだコンテンツのためには、このように検索キーワードの質問を理解しなければなりません。
そこで弊社では、コンテンツを作成する際に想定質問と呼んでいるものを設定しています。

検索しているユーザーを想定して、そのユーザーがどういった内容を求めているかを想定質問として落とし込みます。
・一人暮らしの居住スペースに収まるサイズは?
・洗濯の頻度や量から必要な容量は?

そして、弊社がライターに対してしっかりディレクションをして想定質問に答えるように指示しています。

また、ビッグワードだとより多くの質問が考えられます。

google%e3%82%b5%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88

本質的にビッグワードにはたくさんの想定質問が含まれているため、回答性を考えるとビッグワードを狙ったコンテンツでは長文となってしまいます。

網羅性

網羅性とは検索者から評価されるような情報を網羅しているかということで、網羅性を満たすことによって検索エンジンからその分野において専門的である、権威性がある、信頼できると評価されることにつながります。

■Googleが評価するE-A-T eat2

網羅性を満たすためには、共起語の使用が必要不可欠です。
共起語とは、ある単語がある文章(または文)中に出たとき、その文章(文)中に頻繁に出現すること単語のことです。

弊社では共起語を解析し、それを踏まえたコンテンツ作成を行うことで網羅性を満たし、結果としてE-A-Tを満たします。

参考:共起語検索調査ツール-サクラサクLABO %e5%85%b1%e8%b5%b7%e8%aa%9e%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%92

文字数

弊社の研究結果では、文字数が多いコンテンツのほうが上位表示しやすいといった相関が観測されています。
この相関は上位表示しているコンテンツでは網羅性を満たそうとしており、そのため自然と文字数が多くなるためだと考えており、この傾向は2017年6月により顕著になっていることを観測しています。 R&Dデータ

弊社ではコンテンツを作成する際に、ターゲットキーワードにより推奨文字数を変えています。
ターゲットキーワードで上位表示されている記事コンテンツを基本的には上回る形での作成をお勧めしています。

ユーザー体験

ここでのユーザー体験とは、ページにたどり着いたユーザーが、コンテンツを読もうとしたユーザーの邪魔をしないデザイン、レイアウト構成、フォント等のことを指しています。
検索結果ページからのクリック率が高くなり、ランディングページからの直帰率が低くなると順位が上位にくる傾向があります。

ユーザー体験を高める必要性は、Googleはこうしたユーザー行動をなんらかの形でアルゴリズムの改善に役立てているという理由だけでなく、コンテンツマーケティングによる成果を高めるためにも不可欠です。

弊社ではコンテンツを読みたいというユーザーの気持ちがなくなるようなデザイン・レイアウトは避け、アイキャッチ画像である程度記事の内容が推測できるようなページデザインを提案しています。

[回答性×網羅性×文字数×ユーザー体験]を考慮したSEOに強いコンテンツ制作

弊社のコンテンツは回答性×網羅性×文字数×ユーザビリティを踏まえて検索エンジンとの親和性の高い記事を制作しております。
コンテンツに関する悩みや課題がおありの方はぜひご相談ください。

お問い合わせ

■特集:SEOとは~検索エンジンとSEO対策の変遷からGoogleの検索シェア獲得までの道程

  • LINEで送る

関連記事

更新をチェック

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

特集