Webライターこそ今すぐにブログを始めるべき理由

  • LINEで送る

こちらの記事は弊社運営クラウドライティングサービス『REPO』のライター向けに作成したものです。
REPO
https://www.repo.ne.jp/

Webライターとして、「専門家」としてのポジションを確立して、クライアントから信頼されて仕事をどんどん依頼されたい!
そんな売れっ子Webライターになりたいなら……ブログを使ったこの戦略は重要です。「ブログ? それをやってどんなメリットがあるの?」それを今から説明します。なぜ、Webライターはブログをやるべきなのでしょうか?

 

1.Webライターがブログをやるべき理由

Webライターはなぜブログをやるべきなのか?
その理由は大きくわけて3つあります。

1.ライターとしての実績・文章スキルを証明できる
2.専門家としてのポジションを確立して圧倒的な信頼性を演出できる
3.ブログ経由で仕事を獲得できる

もっと挙げていけば、ほかにも多くのメリットがあるでしょうが、主な恩恵は上記の3つだと思います。
しかも費用はほぼゼロです。

pixta_18989003_S

 

①.実績や文章スキルの証明になる

ブログは書けば書くほどコンテンツ(情報)が蓄積していくメディアです。
たくさんの記事を積み重ねたブログは立派な成果物。それを仕事の応募時にプロフィールといっしょに提示すれば、それがWebライターとしてのスキルの証明になります。

口先で「これだけのものが書けます! これが得意です!」といっても、信じてもらえるかはわからないですよね。

でも、ブログという明確な形で見せてあげれば、あなたのライティングスキルや実績を評価してもらえる確率は高まります。

REPOのプロライター応募でも、応募時にブログを提出してくれるライターはそれほど多くないです。
ブログを見ればライティングスキルやSEO・ソーシャルの相性もある程度わかります。
意外とほかのライターがやっていないアプローチなので、あなたがブログのURLを提示すればそれだけで差別化になり、仕事獲得につながりますよ。

Webライティングの実績を提示するとき、クレジットありの記事でなければクライアントとのNDA(秘密保持契約)の関係から、過去の記事を共有しづらいこともあるでしょう。
あなた個人のブログなら、その心配もありません。
もちろん、ちゃんとあなたが書いたブログだと証明できるように、ペンネームや連絡先情報が一致させておきましょう。

②.専門家としてのポジションを確立できる

“選ばれる”Webライターになって仕事を獲得し続けるには、ライティングスキルや文章力を高めるよりも大事なことがあります。
それは「専門家」になること。
専門家になるというより、専門家として周りに認知されることですね。
べつに世界で一番詳しくなる必要なんかないんですよ。特別な資格や学歴がなくてもいいんです。

大事なのは、周囲の人たちに「このライターは○○についての専門知識をたくさん持っている」と信じ込ませること。信頼できる専門家としてのあなたのイメージを、クライアントや担当者に持ってもらうわけです。どうやって?

あなたの専門知識を、ブログに書き続ければいいんです。
もちろん単なる知識自慢にならないように、読みやすい文章でわかりやすく書いてください。健康関連の業界にいたなら、健康管理や体型維持のノウハウをブログに書き溜めるわけです。

本当に知識や経験があるなら、それを過小評価せずにどんどん書きましょう。
考えてみてください。
あるジャンルについて、ものすごく詳しく書かれたコンテンツが数十本、数百本と蓄積されたブログを……。

「専門家」っぽく見えると思いませんか?

③.自分の知識を過小評価しない

「でも自分が専門家だなんて……おこがましいというか、自分にはまだ早いというか……」

その気持ちもわかります。

このルポライフもまだまだ始まったばかりのブログです。
手探り状態ですし、「これを書いていいのだろうか……」と悩むことも。


でも、あなたの知識が本当に役に立つものなら、その知識を公開しないことは損ですよ。
信頼できる専門家として認知される機会を失ってしまうわけですから。
それに、周りから専門家として見られれば、その周囲のイメージに自分を追いつかせようとして必死で勉強するはず。

そうやって本物の専門家になっていくんです。
だから、あなたの持っている知識をブログに書き溜めてください。
知識が足りないと感じたら、勉強しましょう。
そして勉強して身につけた知識をまたブログに書き出すんです。この繰り返しで、知識が深まっていきます。

④.ブログ経由で仕事を獲得できる

当然、ブログ経由で仕事の依頼がくることもあるでしょう。
専門的なコンテンツを書き続けていけば、検索エンジンからのアクセスも期待できます。

たとえば、あなたがヨガについてのノウハウ記事を提供するブログをやっていたとしましょう。
Webライターを探している企業が「ヨガ ライター」「ヨガ ブログ」と検索して、ライターを探すことがあるかもしれません。
そのとき、あなたのブログが検索にヒットすれば……コンテンツ制作などのビジネスにつながる可能性は高そうですね。

ライティングの依頼だけでなく、ヨガに関するセミナーを開催の告知したり、他の専門家と提携して商品を販売したり、ブログを通して新しい収益源を作ることもできるはず。

 

もし、まだブログをやるのを迷っているとしても……とりあえず、始めてみてはどうでしょうか?
専門性の高いコンテンツを積み重ねたブログを持っていると、それだけで信頼性がグッとアップしますよ。

小冊子にまとめて、自分自身のライターとしての知識やスキルを売り込むこともできるでしょう。

制作したブログ記事をもとにして、メールマガジンを配信することも、簡単にできるはずです。

とにかく、迷っているならとりあえず、始めたほうがいいです。
やって損はありませんから。

2.ブログをやる本当の目的

ここまで見てきたように、Webライターにとってのブログは営業ツールとしての役割なのです。
上手く使えば、仕事獲得のための強力な武器になりますが、使い方を勘違いすると効果は出ません。

では、その勘違いとは?
Webライターがブログをやる、本当の目的とは?

①.PVの獲得だけが目的ではない

pixta_15191075_S

Webライターの方がブログをやる目的は、決してSEOで検索上位に表示させて大量のアクセスを集めることだけではありません

もちろんPVの獲得もいいのですが、それがすべてではありません。
前述したように、ライターがブログをやる大きな目的は、自分の高い専門性やライティングスキルを証明することです。

ブログはそのための媒体なんです。
この目的を達成するためなら、必ずしも検索エンジンから大量のアクセスを集める必要はないですよね?

②.さまざまな場所からブログに誘導

たとえば、こんな方法はどうでしょうか?
名刺の裏面にブログのURLと、誘導のための文言を目立つように載せてみます。

「手っ取り早く私について知りたいならこちら」という感じで。

ただ名前と電話番号とメールアドレスが書かれただけの名刺を渡すよりもGOODです。
名刺とは別に、少し大きめの紙にあなたのプロフィールとブログの情報・URLをまとめてもいいでしょう。
それを別れ際に相手に渡すわけです。「そうだ、よかったらこれも見てください」

ちょっとしたアイデアで、オフラインからオンラインのブログへ誘導できるはずです。
メールアドレスの署名欄に、ブログのURLを貼付けるのもいいですね。
FacebookやLinkedin、Twitterなどのソーシャルメディアの友人やフォロワーにブログを案内することも。
できることはすべてやりましょう。

ちなみに、真っ先にやっておくべきことはすでに関係性のあるクライアントや知人・友人にブログを始めたことをメールなどで知らせること!
これで簡単に、最初の数十人の読者を獲得できます。

③.注意!ブログだけでライター業はできない

ブログはうまく使えば、Webライターにとって大きな武器になります。
それゆえに、ライターによっては危険な考えに誘惑されてしまいます。

それは、「ブログだけでライター業が成り立つ」という考えです。
これはものすごく危ない思考です。
たしかにブログを見にきてくれる人はいるでしょう。
ブログ経由でビジネスにつながることもあるでしょう。

でもじゃあ、それだけでライター業が成り立つほど仕事獲れるのかといわれれば……ちょっと奇跡に近いですよね? その確率どれくらいなんでしょう?

④.ブログだけに依存するのは非効率的

検索エンジンに上位表示させて、大量のアクセスを集めて、無料のレポートを提供する代わりにメールアドレス集めて、そこから見込みクライアントを獲得して……

こんな感じで、完全にブログだけでライターの仕事を獲得しようとしたら、えらく時間がかかるだけでなく、確実に仕事が獲得できるかどうかもわかりません。
書いた記事が検索上位にくるのを気長に待っているだけでは、ほとんどギャンブルに近いです(もちろん、毎月200万円以上をブログで稼ぐプロもいますが)。

それなら、気になる企業やクライアントにメール送るなり電話入れるなり手紙送るなりしたほうが、よっぽど早いです。
そこでブログに誘導したほうが、ブログだけで集客するより効率的だと思いませんか?

3.どんなブログサービスを使うべきか?

ところで、ブログサービスには無料のものから有料のものまでたくさんありますが、どれを使うべきなのでしょうか?
極論すれば、「どれでもいい」と思います。
有料でなくとも、無料のブログサービスでもいいでしょう。
企業のメディアやコーポレートサイトが無料ブログサービスを使っていたら、さすがに信頼性ガタ落ちですが……フリーのライターさんの場合は、無料ブログを使っていてもそれほど致命的な欠点にはならないようです。
実際、アメブロやはてなブログなどの無料ブログを使って、仕事の成果に結びつけているライターさんも多いですから。

大事なのは、ブログの体裁よりもコンテンツ(記事)の中身だと思ってください。

①.おすすめブログサービス

Amebaブログ

ご存知、サイバーエージェント運営の人気ブログサービスです。
足あと機能や読者申請など、アクセスを引っ張ってくる仕組みが整っているので、最初からある程度のアクセスが期待できるのが嬉しいですね。

あ、ちなみに私が始めてブログを書いたのも、このアメブロからでした!

 

はてなブログ

はてなブックマークとの親和性が高いのが最大のメリット。
記事を更新すれば新着記事に掲載されるので、はてなブックマークからのアクセスが期待できます。

認知度が低い状態でも、いい記事が書ければ一気にブログを大勢の方に認知してもらえる可能性もあります。

 

FC2ブログ

無料ブログとは思えないカスタマイズの自由度と、安心の大容量が魅力のFC2ブログ。
有料のブログサービスに決して引けを取りません。

 

Seesaaブログ

癖がなく、シンプルで使いやすい無料ブログサービス。
商用利用もOKなのも嬉しいところですね。

Twitterなど、ソーシャルメディアとの連携も簡単です。

 

WordPress

ワードプレス(Wordpress)は、オープンソースのブログサービスです。
無料ブログサービスとは違い、自分でサーバーを借りたり、ドメインを取得して管理する必要がありますが、そのぶん完全に自分の管理下に置いて運営できます。

デザインのカスタマイズも自由自在。
無料で使えるデザインテンプレートも大量に出回っているので、デザインの知識が乏しくても、見栄えのいいブログサイトを構築できます。

サーバーへのインストールや管理画面の見方に、最初は戸惑うかもしれませんが、全てを自分の管理下に置けるため、非常に自由度の高いブログ運営が可能です。

本格的にブログを運営したい方は、ぜひワードプレスをおすすめします。

まとめ

Webライターにとってのブログはあくまで専門性や実績・スキルの証明手段と考えましょう。
ブログだけで何でもかんでもできると考えると、失敗する可能性が高いです。
ほかの手段(名刺・メール・冊子・電話・対面など)と組み合わせて使わないと、ムダに時間と労力がかかってしまうかも。

だけどうまく使えば、ブログは強力な営業ツールになりますよ!

もしREPOのプロライティング案件に応募されるとき(あるいはライター履歴書に経歴を書くとき)は、あなたのブログをぜひ送ってください!
読むのを楽しむにしていますので。

■特集:SEOとは~検索エンジンとSEO対策の変遷からGoogleの検索シェア獲得までの道程

  • LINEで送る

関連記事

更新をチェック

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

特集